レフィーネヘッドスパトリートメントカラー

白髪染めはレフィーネヘッドスパトリートメントカラー

髪にも頭皮にも優しい成分で、白髪を染めながらトリートメントできるレフィーネヘッドスパトリートメントカラーの口コミ、成分などを紹介。

 

レフィーネヘッドスパ トリートメントカラーとは?

 

レフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラーは、トリートメントをしながら白髪を染めることの出来る画期的な商品です。

 

家庭用の白髪染めはいろいろありますが、やはり髪を染めるとなると強い成分を使っている商品も多く「頭皮にはできるだけ触れないように」使うことが常識でした。

 

しかし、レフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラーの場合は頭皮についても大丈夫なばかりか、マッサージすることでリラックスしながら頭皮も健やかにしてくれます。

 

1度でしっかり白髪を染めるというのではなく、使い続けるうちに自然に髪色が染まっていく感じなので、自然な染め上がりになるのもメリットでしょう。

 

定期的に使うことで、髪のトリートメントになるだけでなく、気になる生え際の白髪も防ぐことができます。

 

レフィーネは、白髪染めは髪を傷めるという常識を覆し、逆にヘッドスパ並みに地肌を癒すトリートメントカラー。

 

通常のトリートメントの代わりに、浴室でのシャンプー後に使えるのも便利です。

 

レフィーネヘッドスパトリートメントカラーの成分

 

一般的に白髪染めが髪や頭皮を傷めると言われるのは、着色のためにキツい化学物質を原料として使っているから。

 

一方レフィーネの場合は、髪を傷めることなく染めるために10種類の毛髪補修成分と植物エキスを配合。

 

さらに、健やかな地肌へ導く7種類ものヘッドスパ成分も含まれています。

 

アロエやラベンダー、レモングラス、ミントなどさまざまな天然成分を使っているのもレフィーネの特徴で、マッサージとともに漂うフルーティな香りは、天然の香料とも言うべきものです。

 

レフィーネを製造しているスヴェンソンはドイツの会社ですが、実はドイツはもともと毛髪に関する分野における先進国。

 

その知識と技術を最大限に生かし、さらに日本人の髪質に合わせた製品としてレフィーネは誕生しました。

 

髪や地肌に優しい原料を使っているのもそうした技術とこだわりによるものです。

 

原料として世界的な名水として知られるドイツのノルデナウの水を使っているのも、レフィーネの特徴です。

 

レフィーネヘッドスパトリートメントカラーの使い方

 

レフィーネの使い方には2つの方法があります。

 

まずひとつは、乾いた髪にレフィーネをつけて、しばらく置いてからシャンプーで洗い流す方法。

 

もうひとつはシャンプーした髪をタオルドライしてから、通常のトリートメントのように使う方法です。

 

いずれにしても、髪全体に塗ってしばらく時間を置いてから流すというのは同じで、レフィーネヘッドスパトリートメントカラーの場合は待っている間に頭皮をマッサージすることで、頭皮をさっぱりさせて健康にするヘッドスパのような効果も得られます。

 

使い方の面でレフィーネが便利だと言われるのは、白髪染めでありながら素手で塗ることができるというところ。

 

塗ると手に色がついたように見えますが、洗い流すときれいに落ちるので、安心して使うことができます。

 

レフィーネにはいくつかのシリーズがありますが、いずれも素手で使えたり浴室で使えたりと、使い方はほとんど同じ。

 

シャンプー前やシャンプー後など、使いやすい方法で使えるのがポイントです。

 

レフィーネヘッドスパトリートメントカラーの口コミ

 

レフィーネヘッドスパは今や数あるヘアカラートリートメントの中でもトップクラスの人気を誇る商品ですが、ここまで多くの人に利用されるようになったのには口コミでの評判があります。

 

最近は特にインターネットで簡単に口コミを調べることができたり、口コミによるランキングサイトなども数多くあったりするので、購入前にチェックする人が増えているのです。

 

レフィーネヘッドスパの場合、多くの人が評価しているのが「白髪の染まりやすさ」や「白髪染めらしくないフルーティな香り」「素手で使える簡単さ」などの点で、いろいろなヘアカラートリートメントを使ってみたけどレフィーネが一番よかった、という人も少なくありません。

 

実際にいくつものランキングサイトでトップに君臨していることからも、その人気の高さはうかがえるでしょう。

 

ただし、レフィーネヘッドスパに限らず白髪染めの効果には個人差があり、染まりやすかったという人がいればあまり染まらなかったという人もいます。

 

口コミは、あくまで使った人の体験談であり、必ずしも自分にも当てはまるわけではありませんが、参考になるのは確かでしょう。

推奨