福梅本舗

紀州梅干しなら福梅本舗!

紀州梅干しの専門店「福梅本舗」では、梅干し、梅エキスはもちろんのこと、梅酒、梅大福、梅ゼリー、梅酢なども人気です。福梅本舗の口コミもあり。

 

福梅本舗 梅エキス

 

古く昔から健康に良いと言われている梅エキスですが、福梅本舗の梅エキスには3つ種類があります。

 

一つは、練り状となった梅エキスで、福梅本舗ならではの製品となっています。

 

独特な苦さと酸っぱさがあるのが特徴ですが、そのまま飲むこともできますし水やお湯に溶かしてジュースのようにして頂くことができます。

 

無添加ですので塩分が気になる方におススメです。

 

45g、90g、200gの3サイズがあり、1,130円からとなっています。

 

また、アヤムラサキなどを混ぜて作った粒状のものもあります。

 

上記でご紹介した練り状の梅エキスが苦手な方に人気です。

 

30g、60g、10gの3サイズがあり、1,700円から購入することができます。

 

また、福梅本舗の梅エキスカプセルは梅が苦手な方でも手軽に召し上がっていただくことができます。

 

サプリメントのような感覚ですし、青梅のしぼり汁を煮詰めただけというシンプルかつ無添加なのが特徴で、45粒、90粒、180粒の3サイズがあり、1,230円から購入できます。

 

福梅本舗 梅大福

 

福梅本舗の梅大福は様々な雑誌に取り上げられるほど人気を博しています。

 

梅と言えば、紀州南高梅ですが、その中でも最高級といわれる5Lのみを使用したまろやかな梅です。

 

梅大福という名がついたように、大福のように大きいのが特徴です。

 

口に入れた途端に溶けてしまうほどの実の柔らかさは、福梅本舗の梅大福の右にでるものはないと言っても言い過ぎではないくらいです。

 

福梅本舗でも、梅大福は贈答用としても多く利用されていますが、一般のご家庭でもお茶受けやお客様がいらした時のお菓子としてご購入される方もたくさんいます。

 

9個入りで2,160円となっており、一粒当たり240円と、大変高級な梅干しですが、一度は食べてみる価値は十分にあります。

 

2つ種類があり、塩分10%ではちみつ入りのまろやか梅タイプと、塩分を5%におさえデザートの代わりとしても食べられてしまうくらい甘いのが特徴のみつな梅があります。

 

ご飯のお供にはまろやか梅を、塩分が気になる方や梅干しが苦手な方にはみつな梅がおススメです。

 

福梅本舗 梅酒

 

福梅本舗では、梅酒も大変人気の商品となっています。

 

3年熟成 福梅酒アルコール約12%は、紀州和歌山の南高梅を薩摩五代山酒造の芋焼酎を使って仕込んであります。

 

とことんこだわった両者を3年間熟成させることで味わいがとても深くなっています。

 

1本2,000円で購入できます。

 

また、寿夢という名の梅酒は、樹の上で熟成した大粒の南高梅を収穫した後もさらに熟成させたものを使って仕込んだ原酒です。

 

王道中の王道とでもいいましょうか、昔ながらの味わいが特徴です。

 

1,940円から購入できます。

 

そして、福梅本舗の中でも贈答用として多くの方が購入されているのが熊野伝説アルコール約13%という梅酒です。

 

この商品は、木熟南高梅を厳選し、富田川の伏流水を使って3年以上寝かせ熟成させた商品です。

 

木の化粧箱に入っているので高級感ただよう1品となっています。

 

8,640円で購入できます。

 

福梅本舗の梅酒はご家庭はもちろん、贈答用にも最適ですのでぜひご利用ください。

 

福梅本舗 梅ゼリー

 

福梅本舗の梅ゼリーは、梅の実が丸々一粒入った贅沢な商品となっています。

 

日本の梅の産地、紀州南高梅を使用していて、しっかりと梅の味が残されたスッキリした味わいとなっています。

 

酸味が苦手なお子様や男性の方にも、福梅本舗の梅ゼリーはおいしく召し上がっていただくことができます。

 

ふたをあけると、たちまちシロップがあふれ出て、さわやかな香りが最後まで飽きずに美味しく召し上がっていただく事ができる秘訣となっています。

 

冷やして食べるとより一層おいしく召し上がって頂くことができます。

 

食欲が落ちる夏場はもちろん、季節問わず美味しく食べられる一品ですので、ご自宅用としてはもちろんのこと、贈答用としても利用されています。

 

賞味期限は6ヶ月、1個の値段は195円と、リーズナブルなのも嬉しいところです。

 

梅ゼリーは数多くあれど、丸々一つ大きな梅が入っているのは、福梅本舗の商品以上に良いものはありません。

 

一度食べたら二度と他のゼリーは食べられなくなってしまうほどです。

 

福梅本舗 梅酢

 

梅を漬ける際に重石を置きますが、この時に出てきた黄金色をした液体を梅酢といいます。

 

梅酢は、酸味と塩分がとても強いものなので、一般的には捨てられています。

 

ですが、福梅本舗では、本来捨ててしまうはずの梅酢を商品化しています。

 

クエン酸がたっぷりと含まれているので、様々なお料理に活用して頂くことができます。

 

青魚の酢締めや梅酢を使ったオリジナルドレッシングなどにして、愛用されている方が非常にたくさんいるようです。

 

またこのお酢を使って青魚の酢締めを行うと、青魚独特の生臭さが消えてとても食べやすくなります。

 

また福梅本舗では、このお酢を使ってご飯を炊く時に少量入れることをお勧めしています。

 

お米にいれて炊飯することでツヤがよくなって、おいしくなるからです。

 

お料理以外にも、まな板の殺菌や除菌、お風呂場の水アカや石鹸アカを取り除くなど、福梅本舗では様々な活用方法を紹介しています。

 

賞味期限は1年、1リットル入って378円とお手頃価格で購入できます。

 

福梅本舗 口コミ

 

福梅本舗の商品は、多くの雑誌やテレビなどメディアを通じ、全国的に有名なものがたくさんあります。

 

梅干しをはじめとして、梅ジュースやワイン、梅エキスに梅製品、梅スイーツや訳あり梅干しなど、いろいろな商品が販売されており、それぞれの口コミはかなり上々です。

 

「梅干しが初めてフルーツに思えた」「今まで食べていた梅干しとは比にならないほど実の大きさにびっくり」「初めて心から梅干しを美味しいと思うことができた」「1万円出してでも食べてみる価値は十分になる」など、多くの口コミが寄せられています。

 

福梅本舗の中でも特に人気なのが、三田寛子さんも大絶賛したという果肉たっぷりの梅干しをお試しできるセットです。

 

塩分10%のはちみつ入りのまろやか梅、塩分10%のかつお梅、塩分18%しそ梅、塩分20%の白干梅の4つの梅干しがセットになっていて、手軽に試せるとあって、初めて福梅本舗で梅を購入される方にも支持されています。

 

口コミが口コミを呼び、すでにお試しセットの売り上げは1,500万粒にもなりました。

推奨